今注目されている家族葬の利点と特徴を知ろう

今注目されている家族葬の利点と特徴を知ろう

棺桶

家族葬とは?

故郷に帰って葬儀をしたい、家族に迷惑はかけられないという思いから簡略的な葬儀を選択される方が非常に増えています。家族葬もまたその中の一つでしょう。お通夜は執り行わず、火葬当日親族とお別れをした後出棺、火葬となります。別名一日葬と言われており、日程が組みやすい点が魅力です。

花

家族葬にかかる費用

家族葬の基本金額は15万円から20万円の間です。お迎え、葬儀社への安置、火葬のプランは30万円前後となります。火葬した後は散骨といって、骨を海に還すこともできます。この場合の費用は30万円から40万円と高くなりますが、お墓の管理が不要、お墓の購入費用を抑えられるなどのメリットがあります。

家族葬の流れ

女性

お迎えを呼ぶ

葬儀社は24時間365日営業しているので、連絡すればすぐ駆け付けてくれます。その後に遺体を葬儀社が設ける安置室に運びます。

ご納棺をする

キレイに体を拭いたり処置をした後にご納棺となります。この時、個人が生前愛用していた品物と共にご納棺可能です。ただ、ガラスや金属などは残りやすいため、断られることがあります。

最期のお別れをする

指定された時間に集まり、火葬場に行く前のお別れをします。その後、家族と共に霊柩車に乗り、火葬場へと向かいます。

火葬をする

火葬場に到着した後、もう一度最後のお別れを行ない、火葬をします。時間はおよそ2時間程度で、この時間は控室で待機することになるでしょう。

自宅に帰る

火葬が終わると、主骨をして自宅に帰ります。葬儀後の不安や悩みなどは、葬儀社自身がサポートするので何かあった場合はすぐ頼りましょう。

広告募集中