矯正歯科の流行りとは

最近の歯列矯正法は多岐にわたり、患者の要望を受けて柔軟に対応することができます。大半の患者が成人以上であることから、特に審美性に優れた治療法というのは人気が集まりやすい傾向にあります。歯列矯正は一般的な歯科治療と比べると治療期間が長く、毎日矯正装置を取り付けておく必要があります。また、歯列矯正が口元の治療であることから、審美性を求める患者が多いようです。 近年の治療法に「インビザライン」というものがあり、マウスピース型の矯正器具として注目が集まっています。マウスピースなので着脱可能であること、また本体が透明で薄いことから審美性に優れているとして話題となっています。このようなマウスピース矯正が現代のトレンドであり、最先端の歯列矯正法といえます。

歯列矯正を受けるためには、治療に対応可能な歯科医院を探す必要があります。現代においては全国にある大半の歯科医院が歯列矯正を受け付けていますが、歯科医院によって扱っている装置が異なるので必ず事前に調べておくことおすすめします。 歯列矯正の中で最もポピュラーとされる「メタルブラケット」や「リンガルブラケット」はほとんどの歯科医院で取り扱っている可能性が高いです。一方、「デーモンシステム」や「インビザライン」など比較的新しく、高度な技術や最新機器を必要とする装置は可能性が低いです。つまり、矯正装置にこだわりがあり、何が何でも自分の希望する治療法を受けたい場合はそれなりの労力もかかるということになります。