インプラントとチタン

歯周病などの病気やけがが原因で歯を失った場合には、再び自然に歯が生えてくることはないです。歯を取り戻す方法としては入れ歯や差し歯がありますが、健康な歯と同じような噛む力は戻らないです。噛む力を戻す方法としては、インプラントがあります。人工歯を顎の骨に埋め込むもので、健康な歯と同じような機能を果たすことができます。ヨーロッパでは紀元前3世紀ごろから鉄製のインプラントが利用されてきましたが、現在のようなチタン製のインプラントが登場してきたのは1952年のチタンと骨の融合の発見からです。動物実験により発見され1965年にスクリュー型のチタン製インプラントが人間へ応用され、1980年ごろから世界中に知られる存在となりました。

インプラントは現在多くの方の治療に利用されています。多くの歯科医院で行われているインプラントの施術は、顎の骨がしっかりとある方向けとなっています。歯周病により骨が溶けてしまった場合などはインプラント治療を受けることができない歯科医院が多いですが、骨の移植や造成手術により顎の骨を補うことで治療を受けることができるような高度な施術を受けることができる歯科医院もあります。そのために今後はどの歯科医院でも骨の移植や造成手術が取り入れられ、どのような患者さんに対してもインプラント治療ができるようになるのではと考えられます。また現在インプラントの成功率は上あごと下あごのどちらも8割から9割となっています。しかし術後経過年数により成功率が下がるとされており、今後は術後長い年月経っても術後の良好な状態が長く続くようにすることが課題となります。